AWGを導入しました。

414DJSdBOIL._SX329_BO1,204,203,200_

AWG
AWGという名前は、日本語では『段階的波動電子発生装置』と呼ばれている。
AWGは、1971年より米国・カナダ・日本の分子生物学者・医師・獣医師・物理学者・科学者・細菌学者がアメリカでチームを結成して牛の人工授精の研究からスタートした医療機器です。その後、23人の医師・大学教授・医学・薬学者の協力を得て、今日40数年の歳月を掛けて開発完成させた医療機器(クラスⅡ)です。
AWGは、2枚または4枚のパッドを身体に貼って1秒間に約6京2500万兆個の素粒子(電子・エレクトロン)の束を照射します。
AWGは1ヘルツから1万ヘルツの間の身体に有効な69種類の周波数(Hz)の中から、いくつかの周波数を照射することによって様々な症状や疾患に対応できるという。
効能
AWGは、疼痛緩和、マッサージを目的とした低周波治療器(医療機器)です。
AWGは、69種類の周波数(Hz)を組み合わせて健康を護るように設計され、この電子エレクトロンは癒しの素粒子と呼ばれています。 注射をしない・投薬しない・手術もしない、今までにない全く新しい世界特許技術です。

AWG の施術に効果としては、以下のような特徴があるという。
1 .血液循環をよくし、 新陳代謝を高める。
2 .体内の解毒作用を促し、免疫力を高める。
3 .副交感神経に働きかけ、ストレ スを解消・軽減する。
4 .疲労を回復させ、ケガの痛みを緩和する。
5 .身体の根本から改善するため、慢性的な病気に対しても有効。
6 .健康維持や病気の予防に役立つ。
つまりAWG による施術は、自然治癒力を向上させるためだと考えられている。
AWGの研究
AWGでは、下記の研究を行っているそうです。
①ウイルス・バクテリア・寄生虫を破壊。
②自律神経の機能を改善促進。
③生体組織細胞の改善。
④酸性体質を即、弱アルカリ体質化。
⑤生体内の乳酸カルシウムの結晶・老廃物を粉砕。
⑥生体免疫力を一気に増大。
⑦全身の内分泌腺を刺激し、ホルモン分泌の円滑化。
⑧全身経絡の深部に強烈なミクロ波動刺激。
⑨脳内アルファー波を発生させる。
⑩マイナスイオンが生体を活性化。
⑪生体細胞組織内の活性酸素を除去。
AWG」は魔術か、医術か?
全摘後の乳房が甦る「波動医学」の奇跡
著:俊成正樹

(カバー袖より)
乳がん、肝がん、胃がん、大腸がん、骨がん、前立腺がん、重度筋無力症、脳梗塞、心疾患、関節リウマチ、くる病、腰痛、神経痛、水虫、白血病、腓骨粉砕、アルツハイマー、帯状疱疹(ヘルペス)・・・・・・・。
約370種類の疾病名に応じたコード番号にダイヤルを合わせるだけで痛苦から開放される!
「痛みなし、手術なし、注射なし、投薬なし」のすぐれた実用効果をしめす、AWG(=段階的素粒子発生装置)」とは?

https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/477270504X/blognitki-22/

乳房が再生した・・・・・・! AWG「波動療法」の驚異
著:船瀬俊介

(ザ・フナイ2016年9月号より)
乳房は若い女性の大きさに再生した!
「波動療法を施したら、乳房が再生してきた!」

あなたは、信じられるだろうか。
その女性は、乳ガン手術で、右乳房の全摘手術を受けていた。そこには無残な手術跡しかなかった。しかし、特殊な波動を与え続けたら、傷跡になにやら乳房らしきものが出現してきた。そして、しだいに隆起して少女の乳房のような姿を現して来た。思春期の初々しさのそれは、成長を続け、いまや若い女性のような乳房になっている、という。

まるで夢物語のような話である。
しかし、これは実話なのだ。
一度失った臓器が、ふたたび出現する-そんなことが、ありうるのだろうか?

http://www.gwave-company.jp/pdf/funai09.pdf

関連記事

ページ上部へ戻る